映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』鑑賞。
出典:公式サイト


【作品詳細】
空知英秋による人気コミックを小栗旬主演&福田雄一監督のタッグで実写映画化し、2017年の邦画実写でナンバーワンの大ヒットを記録した「銀魂」の続編。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。金欠で家賃も払えない万事屋の3人は、ついにアルバイトをすることを決意。しかし、バイトに行く先々で天下の将軍様と遭遇する羽目に。同じ頃、内紛に揺れる「真選組」はかつてない危機に見舞われていた。それはやがて将軍をも巻き込む陰謀へとつながり、江戸中で大騒動が勃発。万事屋と銀時も最大の危機に立ち向かうことになる。主人公の坂田銀時を演じる小栗のほか、菅田将暉、橋本環奈ら豪華主要キャストがそろって続投。
(2018/日本 配給:ワーナー・ブラザース映画)
引用:映画.com



reference:YouTube



昨年の邦画実写映画の興行収入No.1作品の続編。
ズルい。
福田監督ズルい。
こんなんズルい。
前作同様、始まりから“笑い”を狙いまくり。
そのまま前半は怒涛の“笑い”の畳み掛け。
それでもクライマックスには今の日本を代表するイケメン俳優総出演でシッカリと見せる。
ズルいよ。
本当にズルい。
このシリーズは今の日本のメジャー映画の中で一つ吹っ切れた感があって最高です。

本作の特報で「MAX無駄遣い」と謳われてましたが、本当に“無駄遣い”がヤバイ。笑
「えっ??長澤まさみちゃんと夏菜ちゃんそれだけ??」
と、誰もが思う使い方。
キャストと予算の無駄遣いレベルが本当にヤバイのです。笑
でも、それがこの映画の良さでもあり、この映画がヒットした理由でもあると思う。

今回の終わり方的にはまだ続編も考えているはず。
次回作も楽しみ過ぎる。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000