映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
出典:公式サイト


【作品詳細】
「転々」「インスタント沼」など独創的な作風で人気を集める三木聡が原案・脚本を手がけてメガホンをとり、主演に阿部サダヲ、ヒロインに吉岡里帆を迎えて描くロックコメディ。4オクターブの音域と驚異的な声量を持つロック歌手シンは金も女も名声も手に入れスター街道を突き進んでいるかに見えたが、実は彼の歌声は「声帯ドービング」という掟破りの方法で作られたものだった。シンの喉は長年にわたる声帯ドーピングの副作用で限界に近づいており、声が出なくなる恐怖に常に悩まされていた。そんな折、シンは歌声が小さすぎるストリートミュージシャンのふうかと出会い、その姿にかつての自分の姿を重ねるようになっていく。
(2018/日本 配給:アスミック・エース)
引用:映画.com


reference:YouTube



三木聡監督の独創性と言うか個性が溢れ出てた。
この作品が製作された過程が知りたい。
監督決まり、主演が決まり、内容が決まったのか。
内容があり、監督、主演は後からなのか。
この作品はメジャーでなくインディーズだったらカルト作品として話題になった気がする。
三木聡監督に阿部サダヲさん、吉岡里帆さんだとメジャーにならざる得ないけど、まだ名前がそんなに知られてない役者で、しかもミニシアターで上映されてたら面白かったような。

とりあえず吉岡里帆さんメチャクチャ可愛かったのは間違いない。
あいみょんさんやHYDEさんが提供した楽曲も良かった!!

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000