映画『日日是好日』

新宿ピカデリーにて映画『日日是好日』鑑賞。
出典:公式サイト


【作品詳細】
エッセイスト森下典子が約25年にわたり通った茶道教室での日々をつづり人気を集めたエッセイ「日日是好日 『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」を、黒木華主演、樹木希林、多部未華子の共演で映画化。「本当にやりたいこと」を見つけられず大学生活を送っていた20歳の典子は、タダモノではないと噂の「武田のおばさん」が茶道教室の先生であることを聞かされる。母からお茶を習うことを勧められた典子は気のない返事をしていたが、お茶を習うことに乗り気になったいとこの美智子に誘われるがまま、流されるように茶道教室に通い出す。見たことも聞いたこともない「決まりごと」だらけのお茶の世界に触れた典子は、それから20数年にわたり武田先生の下に通うこととなり、就職、失恋、大切な人の死などを経験し、お茶や人生における大事なことに気がついていく。主人公の典子役を黒木、いとこの美智子役を多部がそれぞれ演じ、本作公開前の2018年9月に他界した樹木が武田先生役を演じた。監督は「さよなら渓谷」「まほろ駅前多田便利軒」などの大森立嗣。
(2018/日本 配給:東京テアトル、ヨアケ)
引用:映画.com


reference:YouTube



とりあえず「大傑作」だと伝えたい。
先日亡くなったばかりの樹木希林さんの芝居に応えるように、重ねるように演じる黒木華さんと多部未華子さん。
どのシーンを切り取っても全てが素晴らしい。
日本映画だからこそ出来る。
日本映画にしか出来ない。
日本映画の良さが全面に出た作品。

映画の中での季節や年月、環境の移り変わりを自然と感じれる。
黒木華さん演じる典子が幼い頃に観たフェリーニの『道』を大人になった今観ると感じ方が変わるように、この作品自体もまた観る時によって感じ方がまた変わるかもしれない。
本当に素晴らしい作品だと思います。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000