映画『search/サーチ』

TOHOシネマズ新宿にて映画『search/サーチ』鑑賞。
出典:公式サイト


【作品詳細】
物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が経過する。娘の無事を信じたい父親のデビッドは、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知らないマーゴットの姿が映し出されていた。「スター・トレック」シリーズのスールー役で知られるジョン・チョウが、娘を捜す父親デビッド役を演じた。製作に「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ。Googleグラスだけで撮影したYouTube動画で注目を集めた27歳のインド系アメリカ人、アニーシュ・チャガンティが監督を務めた。
(原題『Searching』 2018/アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
引用:映画.com


reference:YouTube



「この映画はすべてPC画面で展開する」

この予告を観た時、「なんだこれ!?メチャクチャ面白そうじゃないか!!」と思い公開を楽しみにしていました。
公開してすぐ観に行ったのですが、軽く期待を超えてきてくれました。
これ、メチャクチャ面白いです。

全編PC画面で展開するとゆうのは、斬新ではあるけど物語的な展開を付けるのは難しい気はする。
でも、本作ではシッカリとストーリーになってて、あらゆる感情が鑑賞中湧き出てくる。
クライマックスの展開なんてそのへんのホラー映画より怖くて鳥肌立ちました。

映画に限らずではありますが、アイデア一つでいろんなことが出来るんだなぁと改めて実感。
この映画も絶対に劇場で観た方が良い作品です。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000