『笑福亭鶴瓶落語会2018』

今年も行ってきました『笑福亭鶴瓶落語会』
会場は赤坂ACTシアター。
鶴瓶さんの落語会と『鶴瓶噺』は毎年参加したいと思っている。
今年の演目は、
『かんしゃく』
『死神』
『徂徠豆腐』の三席。

『かんしゃく』は師匠とのエピソードを鶴瓶さん流にアレンジ。
「とにかく恐かった」と言いながらも師匠への想いを感じる。

『死神』は何度か鶴瓶さんのも聴いてるけど、死神が女性なのもやっぱり良いなぁと改めて。

そして『徂徠豆腐』。
後に儒学者として台頭する荻生徂徠と豆腐屋の人情噺。
人に対する行いは良いことも悪いことも必ず自分に返ってくる。
落語から学べることはホントに多い。
関西弁の豆腐屋がまた良かった。

途中、辻本好美さんの尺八演奏もありと今年もとても素敵な会でした。
来年も行けるかな…。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000