映画『ハード・コア』

ヒューマントラストシネマ渋谷にて映画『ハード・コア』鑑賞。
出典:公式サイト


【作品詳細】
山田孝之と佐藤健が兄弟役を演じ、作・狩撫麻礼、画・いましろたかしによる伝説的コミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写映画化。山田が主演のほかに自らプロデュースも務め、「映画 山田孝之3D」などでも組んだ山下敦弘監督がメガホンをとる。あまりにも純粋で不器用なために世間になじめずに生きてきた男・権藤右近。群馬の山奥で怪しい活動家の埋蔵金堀りを手伝って日銭を稼ぐ彼にとって、心優しい仕事仲間・牛山だけが心を許せる相手だった。右近の弟でエリート商社マンの左近は、そんな2人の無為で自由な日々を歯がゆい気持ちで見守っている。ある日、右近と牛山は、牛山が暮らす廃工場で、古びた1体のロボットを見つける。その分野に詳しい左近が調べると、実は現代科学すらも凌駕する高性能なロボットであることが判明。彼らはロボットと不思議な友情を築いていく一方で、その能力を使って巨額の埋蔵金を密かに発見してしまう。個性派俳優・荒川良々が牛山役を演じる。
(2018/日本 配給:KADOKAWA)
引用:映画.com


予告編(reference:YouTube)



なんか凄いぞ…
何が凄いのかわからないけど…
この、何が凄いのかわからないのだけど何だか凄いカルト感が最高に面白かった。
ただ、この映画の面白さを表現する語彙力が私にはない。
ただ「面白い」ということだけは伝えたい。
山田孝之さんはやっぱり凄い俳優だ。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000