『まんぷく』 第10週『私は武士の娘の娘!』

『まんぷく』、第10週『私は武士の娘の娘!』。


【あらすじ】
進駐軍への反乱容疑で逮捕された萬平(長谷川博己)や神部(瀬戸康史)ら16人の男たち。たちばな塩業の建物は元々陸軍の倉庫で、隠されていた手榴弾を社員が見つけ、魚をとるのに使っていたため、疑いをかけられたのだった。福子(安藤サクラ)は萬平たちの無実を晴らそうと奔走するが、進駐軍のビンガム(メイナード・プラント【MONKEY MAJIK】)とメイ(ブレイズ・プラント【MONKEY MAJIK】)は追求の手を緩めようとせず、頼みの綱の世良(桐谷健太)も逮捕されてしまい…。
引用:公式サイト



第55話。
逮捕されたたちばな塩業の社員たち。
全員親父部屋に入れられてたけど、実際もそうだったのかな。
時代柄足りないってこともあったのだろうけど。


第56話。
世良さんも逮捕。
進駐軍の役者さんたちの嫌味な感じが名演。
看守の日系人も名演。


第57話から第60話。
この週はとにかくチャーリー・タナカ役の岡崎体育さんが良かった。
名演だ。
今後ドラマや映画に引っ張りだこになるの間違いなし。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000