『まんぷく』 第11週『まんぺい印のダネイホン!』

朝ドラ『まんぷく』、第11週『まんぺい印のダネイホン!』。


【あらすじ】
進駐軍から解放された萬平(長谷川博己)たちだったが、塩の専売局から目をつけられ、塩作りを続けることが困難な状況に。そこで福子(安藤サクラ)は、塩作りをやめて、並行して作っていた栄養食品「ダネイホン」の製造・販売に専念することを提案する。ダネイホンの課題だった味を改良し、大々的に宣伝した結果、ダネイホンは大ヒット。販売を拡大するため、萬平や神部(瀬戸康史)は東京へ進出する。そして福子は第二子を妊娠。しかし順風満帆なある日、萬平が…。
引用:公式サイト


第61話。
鈴さん簡単w
娘の夫たちの鈴さんの扱いがだんだん上手くなっていることに笑った。


第62話。
たちばな塩業からたちばな栄養食品へ。
面白くなってきた。
あと、評判いいらしいけど夢枕に立つさき姉ちゃんの演出、私はなんか嫌だな。笑


第63話。
東京支社設立。
当時は東京へのアレルギーがそんなにあったのか。
そしてタカちゃん可愛すぎる。


第64話。
安藤サクラさんの天才性がだんだん発揮されてきた感。
やっぱ上手い。
録音するシーンとか素晴らしすぎた。


第65話。
タカちゃん名演だな。
普通に高校生に見えるのが凄い。
世良さんも上手い。
福ちゃんは言わずもがな。
そして定食屋の子、あれは誰だ?
可愛いじゃないか。


第66話。
定食屋の子マジで可愛いな。
萬平さんも東京へ。
しかし、そのまま逮捕。
来週から菅田将暉くん登場。
どうなる。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000